賢い集客方法とは何なのか

魅力的に見える写真が必要

写真の撮り方を工夫しよう

最近では自由に写真を掲載できるSNSが多いです。
会社や商品の宣伝をする時に、写真を載せるとより情報が伝わりやすくなります。
しかし魅力的に見えない写真では、効果が半減するので気を付けましょう。
特に食品は、おいしそうに見せることがポイントです。
光の当たる角度や、光量を確認しましょう。
角度や光量に問題があると画面が暗く見え、おいしくなさそうに見えます。

撮影するときは、背景をシンプルにするのがおすすめです。
ごちゃごちゃとした背景の前で撮影しても、そちらが気になって商品の情報が入ってきません。
逆に消費者が離れる原因になるので、こだわりの写真をSNSに掲載しましょう。
今はスマートフォンで使える、カメラアプリがあります。
それを使うと素人でも、綺麗な写真を撮れます。

文字数を減らすために

1回に投稿できる文字数は、SNSごとに決められています。
120文字前後しか投稿できないSNSが多いので、内容を簡潔にまとめることを心がけましょう。
書けるからといって文字数いっぱいに、文章を書くのはおすすめできません。
文章が長いと、それだけで読む気持ちが失せてしまいます。
写真をうまく使い、消費者に向けて視覚的に情報を提供するのが良い方法です。

見ただけで何なのかわかる写真があれば、長々と文章で説明する必要はありません。
短い文章にまとまるので、消費者が読みやすくなります。
興味をもつ人が増えますし、情報を拡散してくれます。
これまで会社や商品の存在を知らなかった人のところまで情報が届き、購入してくれるかもしれません。